2015年06月11日

懐かしいと感じる新鮮な缶バッチ

近頃は缶バッチを目にすることがなくなったと感じていましたが、最近になってデパートのおもちゃ売り場の一角に大人気アニメの関連商品の中に缶バッチがありました。

現在人気のアニメですが、缶バッチになると懐かしさを感じます。ただ、今の子供たちは缶バッチにどれほどの馴染みがあるかわかりません。

むしろ、缶バッチを付けている子供も見ることがないので、一昔前ほどの需要はないのかなと思います。 自分が小さいころは、服に付けたり帽子に付けたり馴染み深く、簡単な缶バッチ制作キットもあったので、オリジナルの缶バッチを作ったこともあります。

当然子供の頃なのでオリジナルなら聞こえがいいですが、手作り感満点の味わい深いものです。 今ではたまに見る缶バッチは鞄に付けるなどの、ファッションとして楽しむ大人です。 子供に人気のあった缶バッチ。今では大人気アニメに便乗する程度が限界なのでしょうか。いったいどこで需要があるのかと疑問だったところ、たまたま目にしたのがアイドル関連商品に缶バッチ。これはファンに売れます。

今まで気がつかなかったことですが、よく探してみると、動物関連やゲームのキャラクターなど、まだまだ多くの種類がありました。

子供のおもちゃとしての缶バッチかと思っていましたが、多くは大人をターゲットにした種類が多いのだと思います。

その中でも驚いたのが、ノベルティグッズを制作している会社でオリジナルの缶バッチを扱っている多さと種類です。

種類が豊富と言うことは、多くの受注が望めるのだと思うので下火になったと感じるのは、自分の今いる環境がそうなのでしょう。きっと今でも身近に感じている人は多くいるのだろうと考えを改めても良さそうです。
posted by りゅうと2bm4 at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

缶バッジ、自作したい!

友達同士とイベントをすることになり、誰からともなく「オリジナルの缶バッジを作りたい!」という意見が。

「いいよね〜」で盛り上がり、缶バッジを制作することが決定!で、缶バッジを自作してみる?ということで、ネットを調べてみるといろいろ方法があるようです。

まずは缶バッジマシーン。高そうだけど、キレイに作れるならいいんじゃない?と調べてみると…本当に高かった!マシーン本体、アタッチメント、パーツも含めて数万円します。

これはとても無理ということで、他の方法を探してみました。 次に見つけたのはおもちゃの缶バッジ製作キット。可愛らしいパッケージに若干ひきますが、本格的に制作できて、なかなか楽しそうです。お値段も3000円前後。なんとか手がでるかも。 さらにネットを検索すると、一番ヒットしたのは100均ショップのグッズを使った手作り缶バッジ。費用的には一番安いかもしれませんね。

作り方もたくさんの人が紹介していて、Youtubeに動画までアップされていました。他には、もらった缶バッジを使って自作する方法もありました。この場合、すでに手元に缶バッジがないとできないので、却下。 ということで、100均グッズでの手作りバッジにかなり心が傾いた私たちでしたが、結局、缶バッジ製作業者さんにお願いすることになりました。

イベントに参加する人数が思ったより増えたこと、案外個数が少なくても注文できること、何より、見た目がキレイなこと!ある程度の数を全部シワなく作るのはちょっとむずかしいですよね。 イベント当日は皆でお揃いのオリジナル缶バッジ!参加者全員に大好評でした。
posted by りゅうと2bm4 at 04:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

通販サイトで取り扱われる缶バッジ

缶バッジは通販サイトにおいて取り扱われるようになり始めていると考えられています。このような販売手法が多方面で歓迎されるようになってきつつあり、実際に缶バッジを買う人が増加してきているとみられています。

多岐にわたるバリエーションの缶バッジが同時に販売されるケースが非常に多いため、複数のタイプの商品を購入する人も目立ってきているとされています。

近頃では有名な通販サイトにおいて缶バッジが取り扱われるようになり始めているため、気軽に購入できる環境が作られているのではないかと推測されています。

かつてに比べてこうした傾向が顕著に見受けられるようになってきており、話題として取り上げられているのではないでしょうか。また、缶バッジによっては送料を負担することなく購入できる場合もあるため、活発な購買行動が確認されていると考えられています。

今後も多くの種類の缶バッジが、通販サイトにおいて販売されていくのではないかと予測されています。これまでよりも積極的に缶バッジが買われることにつながっていくと予測されているため、関心が寄せられています。

また、より多くの人々が通販で缶バッジを購入することも実現されるのではないでしょうか。
posted by りゅうと2bm4 at 05:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする