2015年06月11日

懐かしいと感じる新鮮な缶バッチ

近頃は缶バッチを目にすることがなくなったと感じていましたが、最近になってデパートのおもちゃ売り場の一角に大人気アニメの関連商品の中に缶バッチがありました。

現在人気のアニメですが、缶バッチになると懐かしさを感じます。ただ、今の子供たちは缶バッチにどれほどの馴染みがあるかわかりません。

むしろ、缶バッチを付けている子供も見ることがないので、一昔前ほどの需要はないのかなと思います。 自分が小さいころは、服に付けたり帽子に付けたり馴染み深く、簡単な缶バッチ制作キットもあったので、オリジナルの缶バッチを作ったこともあります。

当然子供の頃なのでオリジナルなら聞こえがいいですが、手作り感満点の味わい深いものです。 今ではたまに見る缶バッチは鞄に付けるなどの、ファッションとして楽しむ大人です。 子供に人気のあった缶バッチ。今では大人気アニメに便乗する程度が限界なのでしょうか。いったいどこで需要があるのかと疑問だったところ、たまたま目にしたのがアイドル関連商品に缶バッチ。これはファンに売れます。

今まで気がつかなかったことですが、よく探してみると、動物関連やゲームのキャラクターなど、まだまだ多くの種類がありました。

子供のおもちゃとしての缶バッチかと思っていましたが、多くは大人をターゲットにした種類が多いのだと思います。

その中でも驚いたのが、ノベルティグッズを制作している会社でオリジナルの缶バッチを扱っている多さと種類です。

種類が豊富と言うことは、多くの受注が望めるのだと思うので下火になったと感じるのは、自分の今いる環境がそうなのでしょう。きっと今でも身近に感じている人は多くいるのだろうと考えを改めても良さそうです。
posted by りゅうと2bm4 at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする